賢く買取を利用|人気のNゲージや珊瑚は高額商品

作業

鉄道模型の買取

買取業者を利用するさいのポイント

硬貨

鉄道模型は、一定の縮尺に縮小した鉄道車両や線路などを模型化したものです。そのサイズはさまざまですが、日本で主流となっているのはNゲージとHOゲージの2種類になります。特に小型のNゲージは人気があり、さまざまな鉄道車両が販売されており、また中古市場でも活発に売買されています。Nゲージの大きさは軌道の間が9ミリで縮尺は150分の1となっており、日本の標準的な車両であれば、1両あたりの長さが14センチ程度に収まるメリットがあります。鉄道模型はその大きさによって価格が異なってきますが、中古模型の買取では売れ筋であるNゲージの方が新品の価格からみて高値での買取が期待できます。基本的にはメーカー品の鉄道模型が買取の対象となりますが、一部では改造品や自作キットでも買取を行ってくれるところもあります。

鉄道模型の需要について

鉄道模型の需要は、浮き沈みの激しい傾向にあります。これは鉄道模型が非常に高価な玩具であることに由来しています。電動機を搭載していないタイプの車両の模型では1両で2千円程度はしますし、電動機を搭載すれば4千円ほどになります。基本的な4両編成のセットものでは1万円程度とかなり高額です。さらに走らせる場合にはレールや走行させるためのコントローラーを用意する必要があり、それだけでも数万円は必要になります。さらに走らせるためにはそれなりのスペースを用意する必要があるなど、非常に高額になりがちです。一方で生産数は限られており、中古での販売も盛んに行われており、買取も一般的に行われています。特に人気のある車両や生産が打ち切られた車両などは高値での売買が行われています。