徹底的でぬかりない!海外調査はここに依頼しよう

top > 海外調査について > 海外調査をするメリットとは何か

海外調査をするメリットとは何か

 最近は、日本の企業も海外に進出することが多い傾向にあります。大きな企業は昔から海外に進出していますが、小さな企業は海外に進出する傾向はありませんでした。海外に進出する企業は、日本の市場だけでは満足できずに海外に手を伸ばしているのが現状でしょう。日本でうまくいかなかった企業が海外に手を伸ばすことはあまり考えられませんが、日本でうまくいっている企業ほど海外に手を出したがる傾向があるでしょう。とはいえ、海外に進出してもうまくいくとは限らないのが現実です。日本でうまくいった場合は、その勢いが仇になる可能性が高くなります。そもそも、日本の市場と海外の市場はまったく別のものになりますので、日本でうまくいったからといって海外でうまくいくとは限らないわけです。そこで、海外調査が重要になってくるでしょう。

 海外調査には、時間とお金がかかるため、慎重に行う必要があると同時に、調査目的も明確にしなければなりません。目的は企業によって異なりますが、例えば今自社が扱っている商品やサービスの市場全体に占めるシェアを調査する会社が多くなっています。わざわざ、市場全体に占めるシェアを調べる理由は、自社が市場全体でどれくらいのシェアを占めているかが明確になれば、戦略が明確になるからです。例えば、自社が海外の市場全体に占めるシェアの割合が40パーセントを超えている場合には、他社と比較しても競争に勝つことができるため、格安で商品やサービスを提供することができます。市場全体に占めるシェアの割合が高ければ、格安競争になったときにシェアの割合が高い方が勝つのが決まりになっています。

 海外調査は、どの業者に頼むかによって結果が大きく異なるでしょう。理想としては、格安のところにお願いして安く済ませれば、経費の節約になるためメリットがあるように感じます。ですが、格安にしてあるのはそれなりに理由があるものです。格安に調査ができるのは、海外に行かず国内で調べることができる内容ばかりを調べていることが多くなります。もちろん、それだけで十分と感じる会社もありますが、本格的に調べるならばお金をかけて海外まで行き、現地調査をしてもらった方がいいでしょう。金額は、業者や調査内容によって異なりますが、安いところで10万円台、高いところでは200万円ぐらいする場合もあります。高いところは、自分たちに必要のない内容まで調べることもあるため、事前に内容を確認しておきましょう。

次の記事へ

MENU