徹底的でぬかりない!海外調査はここに依頼しよう

top > 海外調査について > どんな売れ行きが見込めるのか海外調査をする

どんな売れ行きが見込めるのか海外調査をする

 何故、海外調査をするのかというと、文化も違えば生活をしている人種も違います。好みも、ヒット商品も違います。日本と同じ方法で販売しても、受ける土壌がありません。それでは、利益を確保することができないので、結局海外進出が失敗してしまうことになります。誰だって、大きなリスクを背負ったまま勝負をしたいと思いません。そこで、少しでもリスクを背負わないように、海外調査をします。海外の人達に、受けいられるには、味の調節や宗教的な配慮も必要となります。食品であれば、宗教上食べることを許されていない食材もあります。予め、食品に含まれていることを明記しておけば、教えにそむことにもなりません。また、それらを使用しない食品開発を進めることで、その地域で受け入れられる食品を開発できます。

 本場の味であることも大切ですが、地域の風土に合わせることも大切です。地元の好む味付けにすることで、受け入れられすくなります。確かにこれでは、本場の味を再現などの謳い文句は出せませんが、新たな分野を切り開くことにも繋がります。地元の人の支持を受けるには、名称も大切になってきます。日本でも、圧倒的な知名度を持った食品は、不動の地位を築いています。愛される名称や呼びやすい名称をつけるようにします。また、日本から進出してきた物だと、連想しやすい方が良いです。進出する商品の命運も背負っているので、慎重に案を出して、検討していきます。現地の人にモニターとして参加してもらい、どんな印象を持つかなどの集計をして、年密な下準備もしておきます。削れるリスクは、削ぎ落としておきます。

 海外調査の結果を元にして、商品の開発と命名を終わらします。進出する際には、イベントを開催して少しでも興味を持ってもらうようにします。時密な活動をするのにも、海外調査が役立ちます。やがて、地元の人間に受けいられるようになったら、海外への進出が成功したといえます。これで、一区切りはできますが、これで終わりではありません。成功案件が出たということは、他の企業が参戦する土壌も出来ているということです。新たなライバルが、新商品を引っ提げて市場に現れます。手を抜いて戦える相手でもなければ、そのままの商品で戦える相手でもありません。引き続けた海外調査を役立てながら、商品開発にも力を入れていきます。集めた情報を正しく活用していけば、途中で迷走することなく、ゴールに向かって走っていけます。

次の記事へ

MENU