徹底的でぬかりない!海外調査はここに依頼しよう

海外調査会社の特徴を調べる際に便利なサイト

日本だけでなく海外にも進出したい企業は、海外に関しての調査が必要不可欠となります。そこで利用することになるのが、海外調査会社です。ただしこの会社はいくつもありますので、どの会社に依頼するかが重要になってきます。調査依頼料も決して安くありませんので、信頼できる所に依頼するべきです。

信頼できる海外調査会社を探すのに便利なのが、こちらの比較サイトです。この比較サイトでは、各々の海外調査会社の特徴を比較することができます。信頼できるためには、依頼する目的に着実的に遂行してくれる所を探す必要があります。その際に各々の海外調査会社の特徴を比較することで、目的に適した所を探しやすくなります。

またこの比較サイトでは、海外調査会社に関しての豆知識も提供しています。どのようなことを依頼できるのか、そして依頼するとどのようなメリットがあるのかということなどの情報を知ることができます。この豆知識を知ることで、より良い海外調査会社を選択することができます。

マーケティングリサーチコンシェルジュ

評価★★★★★
サービス★★★★
満足度★★★★
使いやすさ★★★★
情報量★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • ターゲット業界の動向をいち早くレポート
  • 豊富なデータの中から適切な分析と解析
  • ドラスティックな企画へと導く戦略立案

市場調査やこれから開拓するビジネス分野について、あれこれ色々と事前に勉強したりデータを収集しておきたいが、一体だれに相談したら良いのか、と迷われる事は多いはずです。国内の市場調査ですら難しいのですから海外調査ともなればますますどうしてよいことかこまってしまうのではないでしょうか。しかし、このような場合にお役に立つのがマーケティングリサーチコンシェルジュです。マーケティングリサーチコンシェルジュでは貴方のニーズをしっかりお伺いして、その分野に長けたマーケティング会社をただちに選び出し、求められた調査内容をしっかり網羅して期限内に予算内で調査を行うよう努めます。

また、これから初めて海外に進出していくような場合ですと、海外調査には市場規模の調査だけでなく、現地の生活習慣や暮らしについての情報なども必要になってくることでしょう。マーケティングリサーチコンシェルジュではただ単にビジネスの海外調査のみならず、やがて駐在員が駐在するであろう場合の現地の必要情報もあわせて調べることが可能です。またビジネスをしていく上で欠かせない現地の代理店などについても調査する事ができますから、レポートが即ビジネス開始に直結といっても過言ではないでしょう。

マーケティングリサーチコンシェルジュを利用することで、従来のマーケティング会社に直接いいづらかった苦情や要求なども遠慮なくいう事ができます。直接マーケティング会社に連絡をとって調べてもらう事もできますが、万が一業界違いのマーケティング会社に依頼してしまった場合や何らかの調査トラブル、支払いトラブルが発生した際にはマーケティングリサーチコンシェルジュのような第三者が介入したほうが話がまとまる事もあります。海外調査という特殊な分野の調査ならではこそ、正しいマーケティングリサーチ会社を利用することは大切です。

エクスペリアンジャパン株式会社

評価★★★★★
サービス★★★★
満足度★★★★★
使いやすさ★★★★★
情報量★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 国や地域別にそれぞれ特徴ごとに調査を実施
  • 海外企業との取引における課題ごとに必要となる調査を行う
  • 商社・卸売業、IT・金融機関など業種ごとに調査を行う

エクスペリアンジャパン株式会社では、海外調査の一つとして経済的に上り調子にある中国との取引に向けた中国企業モニタリングサービスを実施しており、取引先の候補となりそうな気になる企業を半年や1年間継続してモニタリングして訴訟記録や公的記録、特許取得情報などの幅広い動向の調査を実施し情報提供しています。

エクスペリアンジャパン株式会社では海外調査レポートを早期に提出してもらいたいという時にも対応をしており、エクスペリアン統一評価レポートを与信管理、輸出管理、コンプライアンスなど様々なビジネスシーンで活用してもらうことができます。

エクスペリアンジャパン株式会社が提供するIBR360では海外調査による企業情報をオンラインでチェックすることができます。企業にとっては情報のスピードは非常に大切になるので、素早く必要な情報を集めることができて役立ちます。

東京商工リサーチ

評価★★★★
サービス★★★
満足度★★★
使いやすさ★★★★★
情報量★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 世界200ヶ国、2億7000万件以上もの企業評価情報を、提供しています
  • D&B格付けを、閲覧する事が出来ます
  • ペイメント情報を、チェック出来ます

海外企業との取引が開始される前に、東京商工リサーチのD&Bレポート(海外企業調査レポート)は活用されています。世界200ヶ国、2億7000万件以上もの企業評価情報が、網羅的に掲載されている点が特徴的です。

純資産額と4段階の評点で構成されているD&B格付けを、閲覧する事が出来ます。世界各国の企業が一律に評価されていますので、ビジネス上のリスクを回避し易く、新規ビジネスを開拓する際に参考にし易くなっている点が特徴的です。

取引先の流動比率、及び当座比率が低い場合、支払能力や財務体質そのものに不安を感じてしまうものです。恣意性を極力排し、最大限客観性を保持した形で海外企業の支払(ペイメント)情報、公開情報や財務情報等が掲載されています。自社スタッフが、海外調査へ出向き一から情報を収集する必要がありません。

CONOCER(コノサー)

評価★★★★
サービス★★★
満足度★★★
使いやすさ★★★★★
情報量★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 海外の会社の調査をすべてを安心して任せられる
  • 最短1週間で調査結果が分かるサービス
  • 安価なエントリープランも用意されている

CONOCER(コノサー)は海外にある会社と取り引きをする場合に、リスク管理ができるようにしてくれるクラウドサービスです。ノウハウを蓄積することで、取り引きしてはいけない海外会社を避けられるようになります。

海外調査のレポートは早くても半月ほどかかりましたが、CONOCER(コノサー)では最短で5日しかかかりません。しかも、PDFとしてオンラインで送ってくれるため、便利な情報をすぐに活用できるようになります。

サービスを利用する場合にユーザー数を限定することで、安価で利用できるエントリープランが用意されています。ベーシックやプロフェッショナルなどの上位プランに比べて機能が制限されるところもありますが、試してみるには丁度よい価格です。

帝国データバンク

評価★★★★
サービス★★★
満足度★★★
使いやすさ★★★★★
情報量★★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 帝国データバンクなら現地で調査をしているので精度と鮮度が高い情報を得る事が出来ます
  • 帝国データバンクならプロの目線で多角的な視点で見ています
  • 帝国データバンクなら膨大な高い分析能力があります

帝国データバンクなら海外調査をしたい方の力になってくれます。実際に現地に赴任して調査をしているので、精度と鮮度の高い情報を提供してくれます。そのため、国内にいながらでも海外の情報を迅速で正確な情報を得る事が出来ます。

帝国データバンクなら、新規の開拓をしたい企業や取引先を増やしたいと検討している企業、取引先の信用を見極めたいと検討している企業の方へ、プロの目線で、しかも多角的な方向から課題に向き合ってくれるので安心して利用をする事が出来ます。

また、帝国データバンクなら膨大なデータと高い分析力がある事で商売繁盛の提案をしてくれます。また、新たなビジネスチャンスをサポートしてくれるので、安心して依頼をする事が出来ます。

OneSource / ワンソース

評価★★★
サービス★★★
満足度★★★
使いやすさ★★★
情報量★★★★
公式サイトはコチラ

ポイント

  • 多くの国に調査を行うためデータを集めやすい
  • 様々な視点からのソーシング機能がある
  • 幅広い事例があるため参考にできて役に立つ

OneSource / ワンソースは幅広い国の企業のデータを集めることができ、必要なデータを分析するために役立ちます。海外調査は国外の情報をリアルタイムで知ることができ、データを分析すると方針を決めるために参考にできて効果的です。

企業調査をする時は知りたい条件を決めて検索し、内容を確認してデータを分析すると方針を決めるために役立ちます。情報はエクセルやPDF形式でダウンロードができ、加工がしやすいために保存して必要な時期に使えて効果的です。

OneSource / ワンソースは多くの企業が海外調査をするために利用し、事例を参考にするとやり方のコツをつかめます。調査をする時は企業の利益につながるよう目的を決め、事例を確かめると計画を立てるきっかけになるため便利です。

海外調査を行うメリットと問題点

自社の事業を海外に展開する際は、事前に海外調査を行うことが必要になります。海外は、日本国内とはさまざまな点で事情が異なるため、必要な調査を事前に行うことが事業の成功には欠かせないからです。海外調査を行うメリットとしてまず挙げられるのは、調査結果を使ってマーケティング戦略を立てることができるということです。いくら品質の良い製品であっても、そのまま海外へ持ち込むだけでは、それが現地の人々に受け入れられるかどうかは分かりません。ですので、類似した製品の有無やニーズの有無、そして現地で受け入れられる価格などを調査する必要があるでしょう。その上で、類似した製品が既にあるのなら、差別化を図る戦略が必要になりますし、もともとニーズがない場合なら、ニーズを生み出す方法が考えるという戦略が立てられるということです。

その他のメリットとしては、現地でライバルになり得る同業者を知ることができるということが挙げられます。海外進出では、ライバル企業の数や、その企業がどのような戦略を取っているのかによっても成功の確率は変わってきます。ですので、現地にライバル企業が多い状況であれば、それらの企業に勝つためのマーケティング戦略を立てることが必要になるでしょう。さらに海外調査には、現地の国民性や文化、習慣などを理解することに役立つというメリットがあります。海外進出で苦労するのは、現地の国民性などが日本とは違うためであり、日本での常識だけでは戦略が立てられないという部分でしょう。ですので、現地のさまざまな事情を調査できる海外調査は、現地のニーズに合った製品の提供を行う上で大変役に立ちます。

海外調査を行う方法としては、自社で行う方法と、海外調査を専門に行っている業者へ依頼するという方法があります。自社で行う場合は、業者へ依頼するコストをかけず、スピーディーに海外調査を行うことも可能だと言えます。しかし、実際に海外調査を行う場合は、言語の問題や地理的な問題があるため、その点も考慮する必要があるでしょう。言語に関しては、現地の言葉に通じている社員などがいれば問題ありませんが、そうでない場合は、現地語と日本語に通じているバイリンガルや、調査の専門業者へ依頼する必要があるでしょう。そして地理的な問題に関しては、現地へ直接赴いて調査するためのさまざまな費用の問題があります。自社で行う場合は、移動費や滞在費が高くなってしまう場合が多いと言えますが、現地の人材に依頼することで費用を抑えることも可能です。

MENU